ブログ

勝手気ままに書いてる不定期日記です。
<< 今後のレジェンズのこと | TOP | ウルトラ関連の購入物色々 >>
恐怖の撃ちたがりガンマン


レジェンズで発売決定&今月TR版ミスファイアーが出回り始め、そろそろ買わなくちゃいけないと言う事で、
前々から紹介したくても出来なかった、タイタンズリターン版トリガーハッピーを紹介したいと思います。
今回から、ウルトラシリーズの玩具同様、記事名はキャラ名でなくキャラの特徴を表わしたものに致します。

では、つづきからどうぞ↓


今回は、趣向を変えてロボットモードから。

まずその前にトリガーハッピーについて。
トリガーハッピーとは、HMやザ・リバースに登場したデストロンターゲットマスターの三人組の内の1人。
性格は三度の飯より銃を撃つのが大好きな奴で、銃声を聞く為に戦いに身を置いていると言う、設定だけ見ればかなりの危険人物です。
しかし、HMだとあんまり際立った出番は無いようで……
ちなみにトリガーハッピーとは、射撃狂や撃ちたがりなどを意味する英単語。
これに限らず、トランスフォーマーのキャラ名は、キャラの特徴を現した単語の引用やもじりが多いです(凄く今更な話しですが)
そんなトリガーハッピーは、海外版と同じ名前な相方2人に対し、日本ではトリガーハーピーと「ッ」の部分が伸ばし棒に変えられています。
理由は恐らくHM放送当時「悪者なのに名前にハッピーなんて付いてるはおかしいと思われるかもしれない(もしくはおかしい)」と判断されたからでしょう。

そして、今回紹介するトリガーハッピーは、なんとタイタンマスター(ヘッドマスター)としてまさかのリメイク。
既に、ブラーとスカージと言う前例がありましたが、元からタゲマスであったキャラがTRでリメイクされたのは、コイツが初です。
デザインは、このシリーズお得意の原典を率直にリメイクしたもので、
スタイリッシュにアレンジされつつも、原典の形を崩さぬものとなっていて、普通にカッコ良いです。
けど、何で胸のデストロンマーク、白色なんだろう?






腕部にそのままくっ付いた二門のブラスターや肩のバーニアも、原典を強く意識しています。
旧玩具ではブラスターと腕は分離してたようですが…




後部

ビークルモードで機首になる部分を背負っています。
頭と繋がってはいませんが、初代ジェットロンっぽい処理ですね。




顔アップ

割と悪役らしいデザイン。
旧玩具では目が黄色いゴーグルに覆われ、口と鼻がある部分が赤いと言った顔でしたが、
今回は赤いマスクに目2つの、アニメ版に基準した造形。
ただし、今回のTR版は影がかってて分かりずらいですが、目の色が旧玩具基準の黄色になっています。
ちなみに、発売が決まったレジェンズ版はアニメ版を意識した赤目で周囲の溝が黄(金?)色塗装になる予定。
一部の方々は「何故レジェンズ版はHMの顔にしなかったの?」と突っ込んでいるようですが、
実はデストロンターゲットマスターはリバースとHMで顔のデザインに大差はないんですよね。
実際、真相を確かめようとHMの動画を確認した所、HMのトリガーハーピーもこの顔でした。
(単体で顔がアップになるシーンが妙に少なくて、探すのに苦労した…)




本題に戻り、手持ち武器。

原典のタゲマス、ブロウパイプのガンモードっぽい形をした白い銃です。
画像では形を分かりやすく見せる為、1つだけしか映してませんが、
左右対称な形状をしたもう1つの銃が存在します。




そして、いつも通りその2つを組み合わせる事で、ウェポンビークルが完成します。
意図的か偶然か、この銃の最後尾にはつま先のような出っ張りがある為、こんな風に立たせる事が可能だったりします。




実際はこんな風に置くのが正解。
例の如くタイタンマスター乗せていませんが、遊んでる内にこれが自律式でふよふよ飛んだり、
トリガーハッピーのサポートに回ったりしたら可愛いかな…なんて思っちゃったりw




ここでトランステクターをビークルモードに、タイタンマスターをロボットモードに変形させます。
このトリガーハッピーの変形パターンは中々面白いので、
今回は珍しく変形工法を紹介しながらやっていきたいと思います。




まずは両手首を収納、手首があった部分にブラスターを移動させ、後ろに向けていた主翼を起こします。




続いて、両肩のジョイントを外し、一旦横へ伸ばします。




腹部のジョイントを外し、上半身を直角に反らしたような形にし…




上半身を180度横回転。




背中側に下ろしていた機首を起こします。




続いて腰(と言うよりも股間部分)を180度回転。




つま先を後ろ側に折り曲げ、かかとを脚部の中へと移動させます。
かかとをしっかりと脚部内に入れておかないと、この後の変形の際に引っ掛かってしまうので、きちんと入れておきましょう。




続けて両脚を閉じてジョイントで固定。




脚部を折り畳みます。




そして、腰部分をロボット時の位置に戻すように動かすと、機体後部が完成します。




伸ばしていた腕部を、機体後部に移動させ、各部ジョイントで固定。




最後は、TFこだわりの機首の下に収納されたランディングを展開して…




完成!




続いてタイタンマスター…と言っても、折り畳まれた足を伸ばせば良いだけの簡単なお仕事ですがw




完成!

そしてそのまま、タイタンマスターの紹介。

このタイタンマスターは、ブロウパイプと言う名前があります。
この名前は、原典のタゲマスと同じ名前で、同シリーズの海外版スカージのタイタンマスターと同じ扱いですね。
デザインも意識されていて、旧玩具で胸から突き出ていたグリップ部分が丸いポッチのような造形で処理されています。
この事から、自分はこのシリーズのデストロンターゲットマスターは、
リバースでターゲットマスターではなくヘッドマスターになる道を選んだIFの世界の人達だと脳内補完してたりします。









後部

このシリーズ定番の妙な背負いものが特徴w
とはいえ、マスク顔なのであんまり気にならないかな?




顔アップ

画像が暗くてすみません…

造形ですが、これまた原典同様目がゴーグルに覆われていて、口と鼻があると言うデザイン。
ただ、この写真じゃ分かりませんが、自分が買った奴は鼻の所がえぐれていました…
なお、塗装無しなのは仕様。海外版のタイタンマスターの顔は、塗装されてる奴とされてない奴の差がやたらと激しいけど、一体どういう基準で塗る塗らないを決めてるんだろうか…

ちなみに、日本版ではブロウパイプがタゲマスとして復活するので、
恐らくコイツはトリガーハーピー本人の頭と言う設定になりそうです。
また、顔が旧玩具版トリガーハーピーを意識したカラーリングになる模様。

ちなみに、可動はこれまで同様、脚部を曲げられたり、首と腕がボールジョイントでグリグリ動いたりします。




続いて、トリガーハッピー ビークルモード

両側の二門のブラスターが目を引く、実在しないデザインのスペースファイター…要するに宇宙戦闘機です。
外見は、ロボットモード同様、原典を率直にアレンジしたデザイン。
旧玩具もデザインがカッコ良くて好きな奴でしたが、今回のTR版はスタイリッシュになって更にカッコ良くなりました。
スター・ウォーズにこんなのいそう。




後部

ロボットの肩だった部分はバーニアに。
また、ロボットの脚部だった部分には、原典には無かった斜めった尾翼が追加されています。
今風のアレンジ…と言うのもあるのでしょうが、
一番の理由はミスファイアーやスラッグスリンガーに使い回す為のアレンジであると思われます。
実際あの2人、この部分にこんな形の尾翼が付いてましたからね。




また、脚部だった部分にはタイタンマスターやヘドマスを固定する為のジョイントペグがあり、こんな風に立たせられます。
何だか、位置が危なっかしいですがw




そして、このシリーズの基本ギミックとして、コクピットにタイタンマスターを乗せるスペースがあります。
良く見ると操作盤っぽいものが造形されていて細かいです。




こんな風に乗せられます。
なお、キャノピーが開けにくい、タイタンマスター乗せずらいと感じた場合は、
変形機構を利用して一旦機首を曲げればやり易いですよ。



ちなみに、閉じるとこんな感じ。
それなりに透明度があるので、乗ってる人がちゃんと見えます。
そして、主翼にはロボット時の銃を取り付け可能です。
戦闘機らしくてカッコ良いですが、既に大きいブラスターが付いているので、凄く物騒な感じもw




ここで同シリーズのクロームドームと対決!




そんな訳で可動。

変形の恩恵で、腰(と言うか股間部分)を捻る事が可能で、脚部と腕部にもロール軸あり。
脚部は股関節がボールジョイントで、脚部も曲げられるので、実に良く動きます。
これまた変形の恩恵で、つま先とかかとをある程度上下に動くので、足を前や後ろに出すポーズを取らせる際に便利。
腕部も必要な可動部が一通り揃っている感じ。
唯一ブラスターが干渉すると言う欠点がありますが、変形用の可動を利用して干渉部から逃がせるので、そこは問題無かったりします…と言うか、普通に動かす分には全然問題無いです。
肩の部分は、ボディと腕を接続するパーツの根元の部分に縦軸がありますが、
腕の部分は前後の回転軸しかないタイプなので、肩を上げ下げするポーズは苦手です。
首はタイタンマスターと共通のボールジョイント故良く動きますが、毎度の如く上下の可動はやや苦手。




可動の解説をしている内に、戦いは終わった…
今回は、トリガーハッピーの記事なので、彼の勝利に終わらねばならなかったんだ、許してくれ。


以上です。

トリガーハッピーもといトリガーハーピーはデザインが好きなキャラだっただけに、
ちゃんとした形でリメイクしてくれたのは、本当に嬉しい限り。
物自体も不満点が少なく、目立った欠点が無いのが素晴らしい。
特に変形パターンも簡単ながらも凝ってて面白いです。
レジェンズではアニメ版の色になり、その上タゲマスも着いて来るとの事なので、凄く楽しみです。
彼のパーシャルのミスファイアーとスラッグスリンガーも早く欲しい!
09:42 | - | - | -
スポンサーサイト
09:42 | - | - | -

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--