ブログ

勝手気ままに書いてる不定期日記です。
<< 恐怖の撃ちたがりガンマン | TOP | 進撃の魔王獣・闇 >>
ウルトラ関連の購入物色々
全然話題にしていませんが、「ウルトラマンジード」ちゃんと観てます。
まだ2話しか放送されてませんが、今回も当たりかと思っております。
坂本監督がメインと聞いたので、等身大・巨大両方スピーディなバトルが展開されるのかと思っていたのですが、
等身大の戦闘シーンはともかく、巨大戦やスカルゴモラの演出が坂本監督と言うより、アベ監督や田口監督に近い撮り方で逆に斬新でした。
あまりにも坂本監督らしくない撮り方で、第1話観た時は「あれ?監督、坂本さんだよね?」となって思わず確認し直してしまったくらいですw
それだけ今までの坂本監督の演出とギャップがあったって訳です。
しかし、明日放送予定の第3話にはあのゼロとダークロプスゼロが出るので、今度は巨大戦も坂本節全開な演出になりそうですが。




「ジード」関係の話はまだ続きます。
先週くらい、某ザらスでザらス限定のDXジードライザーフィージョンライズセットとDX枠のスカルゴモラを購入。
しかし、シャイニングウルトラマンゼロカプセルはもらえませんでした…去年は金の初代マンカードもらえたんだが……
発売日初日で完売しちゃったんでしょうね……




今回は付属しているカプセルを軽く紹介。

まずはウルトラカプセル。

自分が買ったセットは、DXジードライザー、DXウルトラカプセルホルダー&ベルト、DXウルトラカプセルフュージョンライズセットが一緒くたになったものであり、
ウルトラマン側はこの3つの商品に収録されているカプセルが付属しています。

今回のウルトラカプセルは
←から初代マン、ベリアル、ルナミラクルゼロ、オーブスペシウムゼペリオンとエメリウムスラッシュとなっています。

初代マンとベリアルは本編にも登場するし、善と悪のウルトラマンの基本形なのでまだ分かりますが、
それ以外は、ニュージェネヒーローのみという結構斜め上なチョイスだったりします。




続いて怪獣カプセル。

こちらは、フュージョンライズセットに収録されているもののみ。
現在はこのセットにしか付属してないので、当然ですが。

今回チョイスされた怪獣は、←からゴモラ、レッドキング、アークベリアル、マガオロチになります。
ゴモラとレッドキングは定番怪獣で尚且つ本編に出てきたので当然なチョイスで、
アークベリアルも怪獣化したベリアルと言う本作のベリアル融合獣と関連付けられそうな怪獣(実際ゲームでベリアル融合獣になれる)なので、そう言う意味では納得なチョイスです。
しかし、マガオロチの収録は結構斜め上。オーブもそうだけど、この手のアイテムになるの早過ぎじゃないか?
新しめの怪獣が早々に収録されるのは素直に嬉しいけど。






そして、因縁のあるウルトラマンと怪獣のカプセルを並べてみました。
シャイニングゼロのカプセルを持っていないおかげで、丁度良い数で3グループに分かれました(苦笑)
先程の画像と違い、全キャラ上にエネルギーをイメージしたイラストが出ていますが、
これはカプセルの横にあるスイッチを上にスライドさせると、
ウルトラマンは手に、怪獣は頭上にこんなものが出てくるんですよ。
ちなみに、本編ではライザーの装填ナックルに入れる直前にこのアクションを行うと言う、
フュージョンライズの起動に必要な動作のように扱われていますが、実は玩具ではやらなくても良かったりするんですよね。
けど、カチカチと小気味良いのでやってて楽しいんですよ、これが。





で、ゴモラカプセルとレッドキングカプセルを装填し、そのフュージョンライズを行うと……




ベリアル融合獣 スカルゴモラが誕生!

このスカルゴモラのソフビも、かなり良い!
今回は特に深く触れませんが、とにかく良い!
怪獣好きは絶対に押さえておいて損はないと断言します。





「i Tuneさぁん……残りのオーブの楽曲、頼みます(超ねっとりボイスで」

ここで、話題は玩具から音楽へ…

この前、オリジンサーガのサントラそして今日、オーブのサントラEXを購入しました。

まずオリジンサーガのサントラ。
自分は観れなかった作品ですが、やはり客演ウルトラマンのBGMのアレンジがどれも良い。
中には滅多にアレンジされる機会の無さそうな物もあるので、そう言う意味では貴重ではないかと思います。
ちなみに、現在の自分的にお勧めなのは、アグルの戦い。
原曲もカッコ良かった上にアレンジもやたら気合が入っていてカッコ良いです。

続いてオーブのサントラEX。
ゼロクロ版すすめ!ウルトラマンゼロに収録されていた、サンブレとオーブオリジンとマガタノオロチのテーマ曲に加え、
正義に目覚めたジャグジャグやギャラクトロンのテーマ、そしてオーブトリニティを始めとした劇場版の楽曲が収録。
個人的に、正義に目覚めたジャグジャグの曲の名前が目覚めたジャグラーだったのが予想外。
彼が良く登場する時に流れる曲の名前がジャグラーの闇だったので、てっきりジャグラーの光だと思ってた。
そして予想以上にカッコ良い。
しかし、オーブトリニティのテーマ曲が凄く短いのが寂しい……一応、オーブ大乱戦で長めのバージョンがあるにはあるけど。

ギャラクトロンのBGMは優しく神秘的な雰囲気があり、癒し系の曲として十分通用する内容なのですが、
本編の暴れっぷりを思い出すと、それがかえって怖く感じる…

ただ、このサントラEX…その手の曲が収録されているのは良いんだけど、
自分が一番収録して欲しかったライトニングアタッカーとエメリウムスラッガーのテーマ曲が無いんですよね……
後は、劇場版で流れていた、明るいバージョンのオーブニカの曲も。

このタイミングで音源化しないのは、何か意味でもあるのだろうか?
ところで、後半戦闘曲ってBGM、いつ使われてたっけ…?




続いては、i Tuneカードでフュージョンライズ!?
※画像は演出です。実際のシードライザーはカード系アイテムとは一切対応しておりません。

と言う訳で、ジードのサントラも購入しました。
ベリ銀以来久々の川井さん作曲BGMと言う事で、テンションダダ上がりです。…あぁ、そう言えばダダさん先週出て来ましたな←関係無い
未だ本編で流れていないゼロのテーマのアレンジバージョンや、ソリッドバーニングとアクロスマッシャーのテーマ曲が聴けるので、実にお得な一品です(ゼロとソリッドバーニングの曲は明日聴けるだろうけど)

今回、川井さんの作曲とあって「ネクサス」のBGM同様、同じテーマ曲のアレンジが多数存在。
例えば、現在公開されているジードのフュージョンライズ形態3種のテーマ曲は、全部同じ曲をそれぞれのモードにあった曲調にアレンジしたものとなっています。

ただ、このサントラの収録曲でちょっと気になる事があるんですが、
何だか再生を開始してから曲が流れ出すまで妙に間があるんですよね…こんなものなのか?

後は、リク関連のBGM。なんかどれも不吉な雰囲気のものばかりで、むしろ伏井出ケイのテーマ曲っぽいんですよね。
ベリアルの息子だからこんなものなのか、それとも何か意味があるのか?
ちなみに、リク関連のBGMはどれもベリアルのテーマのアレンジが入ってたりします。


以上ですね。
とりあえず、溜まったもの消化しようとしたら、随分と長くなってしまった……
23:37 | - | - | -
スポンサーサイト
23:37 | - | - | -

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--