ブログ

勝手気ままに書いてる不定期日記です。
<< ウルトラ関連の購入物色々 | TOP | サイト更新 >>
進撃の魔王獣・闇


凄く今更ですが、ずっと消化できていなかったので、
DXダークリングに付属するマガタノゾーアのカードを紹介したいと思います。
これで、魔王獣記事も最後だ……


マガタノゾーア

別名:闇ノ魔王獣

過去にオーブが倒したとされる、ガタノゾーアの姿をした魔王獣。
TV本編第4話からカードのみが登場。その詳細は未だ謎に包まれているが、
完全超全集ではこの怪獣を巡ってクトゥルフ神話じみたエピソードが展開されていた事が判明している他、
「フュージョンファイト!」でこのカードを使用する事で、その雄姿を拝む事は可能である。

という訳で、マガタノゾーアのソフビは出なかったので、今回はこのカードのみの紹介になります。
闇の魔王獣がまさかのコイツだったのには、初見では本当に驚いたものです。
現段階では本編未登場なので、デザインはカードのイラストや完全超全集の設定画(もしくはゲーム)でしか確認できません。
デザインは、パッと見は下あごからプラズマソウル風のマガクリスタルが生えてるだけに見えますが、
よく見ると甲羅の穴の部分に紫色のブツブツがあるなど、細部がオリジナルのガタノゾーアと違いますね。




カード裏

オーブリングに通せるオーブクリスタルとステータス値、そして必殺技の名前などが記されています。
技の名前はマガ冥暗。動画で確認したところ、シャドウミストのマガタノゾーア版っぽい技でした。




これだけでは寂しいので、ダークリングの隠し機能の詳細も合わせて紹介。
このダークリングには、説明書にないギミックがあり、
マガオロチ系とゼッパンドン以外の魔王獣のカードとベリアルのカードを連続リードする事で、
マガオロチの封印を破る音声が流れ、それ以降はマガオロチをリードした時と同じ音声が鳴ります。

事前情報でも隠された機能があると言われていましたが、どちらかと言うと予想通りでしたね。
最初はベリアルのカードもいる事をすっかり忘れて、焦りましたが;




最後に魔王獣全員集合でシメ。
みんないちいちデカいから、画面に全部収めるの大変だった……

以上です。

カードだけなので、凄く簡単な記事になりましたが…
まあ、カードだけだからしょうがないですね。

これにて、魔王獣シリーズの記事はおしまいとなります。
衝動的にマガパンドンの記事から始めたこのシリーズ、まさか完走できるとは思いませんでしたし、
まさかコンプリートまで出来るとは思いませんでした。
けど、現在放送中の「ジード」には同じようなポジションのベリアル融合獣がいるんだよなあ…
今秋発売分を含めてまだ2体のみですが、いずれそちらの紹介記事シリーズもスタートするかもです。

…その前に、画像の容量の問題どうにかせんとあかんのですが。
07:57 | - | - | -
スポンサーサイト
07:57 | - | - | -

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--