ブログ

勝手気ままに書いてる不定期日記です。
<< 購入物色々 | TOP | やけに遅い到着… >>
さあ、みんな撃ちまくろう!(レジェンズ版トリガーハーピー)
そう言えば、この間タカラトミーモールがトランスフォーマー+ストIIというブッ飛んだコラボをぶっ放してきましたなw
みんなヘドマス編のレジェンズ(もといタイタンズリターン)のリカラーなんですが、無駄にカラーリングに気合が入ってて笑ってしまうw

まあ、自分は買わないんですけどね。



さてさて、もうじきレジェンズ版のミスファイアーの到着も近いので、
今日はレジェンズ版のターゲットマスター トリガーハーピーを消化したいと思います。
ちなみに、この人は過去に海外版も紹介しているので、今回はそれの日本版になります。

では、つづきから言ってみまショー!↓


海外版はロボットモードから紹介しましたが、今回は普段通りヘッドマスターから。

海外ではコイツがブロウパイプと言う設定でしたが、今回のレジェンズ版はトリガーハーピー本人の本体と言う設定です。
全体的な色合いそのものは海外と同じ印象ですが、顔面や肩の小さい出っ張り部分が塗装されています。









後部

影がかって分かり難いですが、背負い物の目の部分が海外と変わっています。
この辺は後で触れるとしましょう。




顔アップ

先の通り、海外と違って顔面がガッツリ塗装され、見栄えが良くなりました。
顔の造形は海外と同じく目がゴーグルに覆われているタイプの顔。
目が黄色でそれ以外の部分が赤色になっていますが、これは海外版の記事でも少し触れた通り、
旧玩具版トリガーハーピーの顔の色を意識したカラーリングとなります。
旧玩具のトリガーハーピーの顔も、ヘドマス同様ゴーグル目で口元露出なデザインだったので、
上手い事利用したな…とつくづく思います。

ただ、ゴーグルの両端にも黄色がはみ出てるのが少し気になる……
(しかも、ほとんどの個体がそうなってるっぽい)

一方、肩の出っ張りの金色の元ネタは良く分かりません。
位置的に、スラスターの金色部分のイメージかな?




海外版のブロウパイプ(←)と比較。

先の通り、全体的な色合いは両者同じですが、海外は青い部分が紫なのに対し、日本版は青。
白い部分も、海外がくすんだ色なのに対し、日本版は真っ白。
後は、やはり顔の塗装の有無が大きいですね。

ホント、なんで後の仲間2人は海外版もガッツリ塗装なのに、この人は塗装無しなのか…









後部

ここも先の通り、背負い物の目の部分の色が違うんですが、
やはり日本版は影になりやすくて写真だと見えづらい…何故なんだ?





続いて、ターゲットマスター

ブロウパイプです。
ロディマスとチャー同様、日本独自の完全新規造形。
ロディマスとチャーがタゲマスで出ると聞き、ひょっとしてトリガーハーピーも…?と思っていたら、本当に付いちゃいました。

造形はファイアーボルトとリコイル同様、原典を強く意識しつつ、程よいアレンジが聞かされています。
カラーリングもアニメ版HMを意識している模様。










後部

銃身を背負っているのはファイアーボルトらと同じなんですが、
上を向いているのが何かいい感じ。
クリア成型と塗装の発色も素晴らしいです。



顔アップ

ゴーグルで覆われたタイプの目で、結構イケメン。
口周りが緑色のなのがあまり見ない感じで好きです。




可動

ターゲットマスターとされながら、骨組みはファイアーボルトらとは別物。
腕部は肩のボールジョイントの可動軸のみで、股関節も普段は連動して動く仕組み(もちろん、画像のように個別に動かす事も可能)で膝関節が曲がる部分は彼らと同じですが、
頭は腰とは独立して回転する仕様になっています。
その代り、後記する変形機構の都合により、腰の可動が無くなりました。

しかし、まさかアイアンマンっぽいポーズで置いてみたら、しっかり自立するとは思わなかった…
ただ、自分の買った個体は関節が緩めでした。
さほど問題はありませんが…




今回は、トリガーハーピーのヘドマスと比較。
ホント、今回のタゲマスは彼らより二回りほど大きいです。
そしてこうして並べてみると、トリガーハーピーのヘドマスは本来ブロウパイプとしてデザインされたという事もあり、
今回のタゲマスブロウパイプと共通するディティールがちょいちょいある事が分かります。




それではトランスフォーム!

変形パターンはファイアーボルト達とは全くの別物で、
銃身と下半身の移動が面白い事になっています。
恐らく、デストロン側のタゲマスは皆こういう仕様なのでしょうね。




ガンモード

サイバトロンのタゲマスと違い、脚部が銃身の上側にくっつくデザインになっているのが面白い。
ただ、原典と違う処理のようなので、気になる人は気になるかな…
実際、塗装された部分も結構隠れちゃってるし。

なお、未使用ですがコイツの銃身にもヘドマス用のジョイントペグがあります



後部

下半身がごっそり上に行っちゃったせいで、腕部が余り気味。
自分的には足の位置よりこっちの方が気になりますね…




ここでようやくトリガーハーピーのビークルモード。

実在しないデザインの宇宙戦闘機。
相変わらず見た目がカッコ良いです。




後部はこんな感じ。




なお、ランディングギアも存在しますが、実はこの人のビークル、
ギアを出すと傾いてどうにも落ち着かないんですよね。
この写真も微妙に右向きに斜めってます。

海外版は主翼に銃を付ける事でフォロー出来ましたが、
後記するように日本版には無いのでそれは不可能。

安定した姿勢で飾りたい場合は、ランディングギアを収納したままにした方が良いかも。




海外版(←)のトリガーハッピーと。

日本版はキャノピーに後記するタゲマスを合体させるためのジョイント穴が新設され、
その関係でデストロンマークの位置や色が変わっています。
造形面での違いはこれだけで、後は色が違うくらい。
しかし、パッと見は同じような配色ですが、青い部分と白い部分の色合いが結構違っていたりします。
やはり、日本版はアニメ版HMっぽい感じですね。




後部

バーニアの色も、海外版と日本版で割と違います。




それと、主翼のラインのカラーリングやデストロンマークも微妙に違いますね。




コクピット

色が違うだけで配色はそんなに違いはない模様。




無論、ヘドマスを乗せた時の雰囲気もほぼ共通です。




閉じるとこんな感じ。

乗ってる人の見え方は、海外版とさほど変わらないかな…




武器装備

ガンモードに変形したブロウパイプを、キャノピーの穴に差し込む事で装着します。
原典でも、胴体中央に装着していたので、これはいいリスペクト。
ただ、自分のブロウパイプ、グリップの根本が少し太いのか知らんけど、結構きつい感じなんですよね…
おまけに、クリアパーツに直接ぶっ刺す形になっているので、強度面には気を付けた方が良いかもしれません。




そして、後部…もといロボット時の両脚になる部分には、
海外版と同様ジョイントペグが2つあり、ここにヘドマスを立たせられます。

なお、本来は海外版ブロウパイプとトリガーハーピーのヘドマスを立たせて撮影する予定でしたが、
この時コクピットに入れてしまっていたので、急遽近くにあったエイムレスに代役を務めさせていただきました。




そして、武器装備状態で比較。

海外版は合体可能な二丁拳銃だったのに対し、日本版は原典にならって武器はタゲマスのみ。
おかげで、両者見た目に大きく違いが出ています。
海外と日本の路線の違いが垣間見えて、面白いですね。




それではトランスフォーム!

詳しい変形工程は、海外版の記事でやったので今回は普段通りに。
相変わらず凝った変形しやがりますよ、この人。




ボディの変形が完了したら、ヘドマスをヘッドオンさせて…




完成!

変形パターンが凝っているおかげで、相変わらずスタイルが良いですね。
海外版でも触れたとおり、デザインも原典を程よくアレンジした率直な見た目。

いつ見てもカッコ良い!









後部

海外版記事立てた後思っていたんですが、
旧玩具で表側だった部分が裏側にした感じのデザインなのかね、これ?




顔アップ

造形は海外版と同じですが、目の塗装がアニメ版に基準の赤目で周囲が金色のカラーリング。
目が赤くなったおかげで、悪役らしさがアップした印象。
ただ、先の通りどういう訳か日本版は陰になって写真写りが悪い…
と言っても、実のところ金塗装も目の塗装もちょっと粗かったり……
まあ、とても小さい隙間なので、仕方がありませんが。

また、自分の買った個体は、右目の右端が塗り切れてなかったりするんですよね。
そういう意味では、影がかってくれたのは、むしろ大助かりと言う…




武器

散々触れたとおり、ブロウパイプのガンモードがこの人の武器。
HM的にはターゲットオンです。
なお、アニメ版HMでは手に直接合体していましたが、今回は旧玩具同様普通の手持ち扱い。
余った腕部の肉抜き部分とかを上手く使えば、出来る気がするんだけどな…




ポーズもとい可動部。

海外版と概ね同じで、足首が変形の恩恵でつま先側とかかと側が上下させることが可能で、
膝関節も無難に曲がり、太もももロール軸で回転可能。
股関節はボールジョイント式で、腰部分も変形の恩恵で腰(と言うより股間部分)も回転可能。
肩部分は、相変わらず角度付けは出来ても上げ下げの動作は不可能で、腕部も無難に肘が曲がってロール軸付き。
特に腕部は、相変わらずブラスターが主翼などに干渉する事があるので、ポーズによっては動かして逃がす必要があります。

海外版の記事ではすっかり触れ忘れていましたが、
首は他のヘッドマスター系同様、ヘドマスの頭部と共有したボールジョイント式。
このタイプは基本的に横に回すしかできませんが、この人の場合は上下に振る事も割とできる方だったり。

なお、関節の渋みですが、どうも海外版より緩くなったような印象。
まあ、問題ないレベルではありますが。



ここで再び海外版(←)と比較。

ビークル同様、目元やタゲマス用のジョイント穴の有無以外はパッと見の配色はそんなに違いないように見えますが、
良く見ると脚部の一番下の溝の塗装があったりなかったり、尾翼だった部分の色など細かい部分が違うし、
何しろ青と白の濃さも割と違う印象ですね。







上が海外版で、下が日本版。

海外版は目の周りは塗られておらず、シンプルな印象ですが、
日本版は周囲が金色になったおかげか、目の部分が強調されている印象……
何ですが、散々触れたとおり、日本版は影がかって写真写りが悪いです、はいw




武器

ビークルで触れたとおり、全然違います。
海外版は、ブロウパイプのガンモードっぽい造形の白い二丁拳銃なのに対し、
日本版は、ガチモンのブロウパイプのガンモード。
どちらもそれぞれの良さがあり、なかなか捨てがたい印象。

そう言えば、海外版は後に出た2人と違って、武器を合体させた状態で水平に持てないので、
このような形で持たせるしかないんですよね……
一方を小さめにするとかできなかったのかなと思ったけど、そうするとスラッグスリンガーの銃みたいになるしなあ……

うん、何とも難しい問題だわ。





ところで、トリガーハッピーとトリガーハーピーの足首を止める為のねじ穴の周辺なのですが、
実は海外版(↑)と日本版(↓)で塗装の有無が異なるんですよね。
最初サンプル画像見た時、何で日本版こんな場所まで塗装されてるんだろう?と思って調べてみたら、
なんとアニメだとこの部分が金色だった事が判明。

こんな細かい特徴まで再現する気合の入れようには、感服。




最後に、付属漫画で見せた両手をブラスターにした姿での、相棒とのツーショットでシメ。

どうせ海外の色違いで終わるだろうと思っていたトリガーハーピーでしたが、
まさか、原典の設定を復活させてリリースされるとは思いませんでした。
両者、造形もカラーリングも手抜かり無しでカッコ良く、なかなか好印象。

ただ、ブロウパイプのガンモードの腕部が、
サイバトロン側のタゲマス以上に持て余し感があるのが気になると言えば気になります。
トリガーハーピーの目の塗装は、さすがに構造の都合もあるので仕方ありません。

とはいえ、カッコ良いロボットが好きな人は満足が行く一品なのは確か。
次のミスファイアーと来月のスラッグスリンガーも楽しみです。
21:26 | - | - | -
スポンサーサイト
21:26 | - | - | -

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--